ASTON MARTIN DB9

03年9月に発表された『DB9』はアストンマーティン製2+2クーペ。

DB7の後継であるこのモデルは新しいプラットフォームを採用し新時代のアストンマーティンの方向性を反映したモデルと言える。

アストンマーティンをお勧めするポイントは英国紳士の様に優雅に走らせても

その強力なパワーに物を言わせてスーパーカーの如く走らせても様になるという点だ。

セミオートマモデルの『V8ヴェンテージ』に対して、トルコンATの『DB9』は日常的に使えるラフさを持ち合わせている。前後の重量バランスが50:50と言う理想的な数値である事を付け加えておこう。

007アストンマーティン
​映画で観る勇姿

アストンマーティンを語る上で切っても切れないのが『007』シリーズ。

ダニエル・グレイグ版のボンドカーである『DBS』の基本コンポーネントは『DB9』のそれをよりスポーティーに仕上げたもの。フォーマルな『9』に対してゴージャスな『S』といった印象だろう。

DB9の12気筒エンジン
​スポーツカーらしいエンジン

エンジンは450馬力を誇る『AM04』と呼ばれるV型12気筒5935ccの排気量を持つ。

0-100km/hの加速は4.9秒(MT車)、最高時速は300km/hに達するパワーを秘めている。

Z F製のトランスミッションは素晴らしい出来で『AUTO』では気構えのいらないトルコンATの気軽さを示す一方で『SPORT』ではスポーツカーらしいシャープな変速をスパっスパっと決めていく様は乗っていて非常に小気味いいもの。

007のファンであれば、ボンドと同じく『ピアノブラック』を選択したい。

​現にDB9のオプションとして人気が高い。

DB9のLEDリヤライト

テール廻りにはLEDリヤライトが装備される。また、純正で可変マフラーが標準装備されている。

DB9のバンブーウッドパネル

ウッドパネルはバンブー(竹)の他、ウォルナットやマカボニーを選択できる。

ブレンボ製ベンチレーティッドディスク

ブレンボ製F 355mm,R 330mmのベンチレーティッドディスクを採用。

4ピストンのキャリパーが奢られ1.8tと言う車重を確実に停止させる。

アストンマーティン完成検査員プレート

クラフトマンシップに則った丁寧な作業。

伝統的な技法と現代のテクノロジーが融合して一台のアストンマーティンが完成するのに必要な時間は約220時間。

最後に完成検査員のプレートを貼られ工場の出荷を許される。

サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン式でアームはアルミニウム製となる。路面のうねりにみごとに追従して破綻することがなくソリッドな印象。

ステアリングはレーシィで先代モデルの様な不安感が無くなった足回りになっている。F 235/40ZR19 R 275/35ZR19というスポーティなタイヤを履きながら荒れた舗装でも乗り心地は悪くない。

オプションのスポーツパッケージには専用デザインのホイールの他、車高が若干下げられている。

DB9の足回り

​Galary

​ギャラリー

Spec

​スペック

​基本情報

​生産国

​イギリス

​新車時車両価格

1848万円(税抜)

​全長×全幅×全高

4710×1875×1270 (mm)

​車体重量

1800 (kg)

​乗車定員

​4名

​駆動方式

​FR

​ミッション位置

​コラム

​生産期間

03年10月〜08年02月

​型式

​不明

​前トレッド/後トレッド

1570 / 1260 (mm)

​ドア数

2

​シート列数

2

​ミッション

6AT

​マニュアルモード

​○

​エンジン

​種類

V12気筒DOHC

​最高出力 / 回転数

336(450)kw(ps) / 6000rpm

​使用燃料

​ハイオク

​総排気量

5935 (cc)

​最大トルク / 回転数

570(58.1)n•m(kg•m) / 5000rpm

​燃料タンク容量

78(リットル)

​足回り

​ステアリングギア方式

​パワーアシスト付ラック&ピニオン式

​サスペンション型式

​ダブルウィッシュボーン

ブレーキ型式

Vディスク式

​パワーステアリング

​○

​タイヤサイズ

​前 235/40ZR19

後 275/35ZR19

​Used market Superiority

​中古相場の優位性

何故、今『DB9』なのか?

弊社で取り扱うD B9の価格は500万円〜となっています。過去モデルであるD B7ヴァンテージやV12ヴェンキッシュがここまでお求め安いプライスになった事があったでしょうか?同じ時代に販売されたフェラーリ599GTB、ランボルギーニ・ムルシェラゴなどはどうでしょう?

ここまでV12型エンジンを心臓に持ちリーズナブルに楽しめるスポーツカーはまず無いでしょう。フォード傘下になりジャガーなどとパーツを共有化することにより信頼性を向上しただけでなく中古のパーツを使ってリーズナブルな修理も可能となっています。

高級車の格と最高のエンジン、そしてリーズナブルの価格と豊富なパーツ供給。私たちの考える輸入中古車としてベストな一台としてオススメします。

​初期型 2005年〜2008年
DB9引き画像

​初期型のDB9は流通台数も多い事から色やオプションが選び易い

DB9のメーター

2006年の途中からバックライトカラーがグリーンからホワイトへ変更されている

​中期型 2008年〜2012年
DB9中期のクリスタルキー

​目に見える変更点として、中期型は中央のクリスタルキーでのエンジン始動となる

DB9の中期エンジン

エンジンについても前期の450馬力(AM04)から470馬力(AM09)に変更されるが、中期の初期ロットの中にはAM04のエンジンが積まれている​車体もある。

​後期型 2012年〜2016年
DB9クリスタルテールライト

​後期型はテールライトがクリスタルライトに変更されより現代的な印象へ

Stock List
db9_sl_top.png

SOLD OUT

​販売履歴