Aston martin

DB9 Volante

英国製スポーツカー 憧れの一台

​車両本体価格(消費税込)

SOLD

憧れのスーパーGT

往年の名前が復活した『DB7』の後継車種として開発され、"Power"・”Beauty”・"Soul"をテーマに2003年のフランクフルトモーターショーで発表されたのがこの『DB9』。アストンマーティン独自のボンド接着アルミスペースフレーム”VHプラットフォーム”を採用し車体の軽量化と高いボディ剛性を実現しています。V型12気筒エンジンを搭載するスポーツカーとしては軽量で、0-100km/h加速は4.5秒を実現しながらも4人乗りトルコン式オートマチックトランスミッションモデルが用意されており、GTカーとしての側面も持ち合わせています。搭載されるトランスミッションはZF製6速AT。「タッチトロニック」と呼ばれるセンターコンソール上部で操作を行うもので従来のようなシフトレバーがないのが特徴です。内装には、革、木、金属などをふんだんに使用し、高級感の演出も抜かりが有りません。同年代のアストンマーティンと同様に通常とは針が逆周りのタコメーターも特徴の一つとなっています。
初代ボンド”ショーン・コネリー”の時代から『DB5』『DBS』『V8』『V12 バンキッシュ』『V12 DBS』と長い時代に渡り007とは切っても切れないイメージのあるアストンマーティン。”ダイ・アナザー・デイ”で使用した『V12 バンキッシュ』や”カジノ・ロワイヤル”、”慰めの報酬”で使用された『V12 DBS』同様のV型12気筒の6.0Lエンジンを搭載するこの『DB9』はそれらのボンドカーの流れを汲む一台だと思います。バンキッシュは根強い人気で高額ですしATの不安が有ります。それらを払拭し信頼性の向上したDBSは高額ですし市場での在庫は皆無に近いです。両者の中間に位置するDB9は、今オススメの一台と言えると思います。今回入庫した個体は走行距離も少なく、アストンマーティン横浜にてエンジンコンピューターを交換と言う高額な整備を実施したばかりの一台。フルメンテナンス後のプレミアム納車となりますし、国内最安値での価格でご提供させて頂きますので​この機会に是非ご検討宜しくお願い致します。

​車両の状態や現車確認のご予約等お気軽にお問い合わせください。

近しいモデルや希望オプション搭載モデルのバックオーダーも受け付けております。

​SPEC

アストンマーティン赤坂正規ディーラー車
右ハンドル
AM04型V型12気筒DOHC6.0Lエンジン
最大出力:450PS/58.1kg·m
乗車定員:4人
ボディタイプ : ドロップヘッド・クーペ
変速機:6速AT
駆動方式:FR
全長標準仕様:4,710mm
全幅:1,875mm
全高標準仕様:1,280mm
ホイールベース:2,740mm
車両重量:1,910kg
走行距離:34,000Km
次回車検 : 令和5年9月

​OPTION

人気のチタニウムシルバー
取扱説明書
整備記録簿
​スペアキー
HID
LINNオーディオシステム
ブルーレザーインテリア
クルーズコントロール
15スポーク19インチアロイホイール
ウッドパネルインテリア
クリアランスソナー

IMPRESSION

​インプレッション

ソフトトップ機構を持つ”ヴォランテ”はフレーム各部に補強を入れたドロップヘッド・クーペスタイル。標準モデルと比べると車重が90kgほど増えているがドライブフィールは遜色がなく重さを感じる事は有りません。ステアリングから伝わってくるダイレクトな感触やシートから伝わるパワー感などはオープンで乗るとより一層強く感じられます。新車価格で200万以上も高額であったオープンモデルですが、現在の流通価格では殆ど変わらない金額で取引されています。程度さえ間違えなければオープンモデルを強くオススメしたいそんな一台です。

DSC09791.JPG

薄くブルーが入ったチタニウムシルバーと呼ばれる明るめのシルバーはDB9の美しいプレスラインをより引き立たせる英国車らしいボディーカラーです。スポーツカーらしいデザインと非常にマッチしていると思います。大きな傷や凹みもなく状態は良いと思います。内装は珍しいブルーレザーインテリアにウッドのコンビネーションはクラシックな装い。ダッシュボードやコンソール、レザーシートの状態も良好で丁寧に乗られていたことが伺いしれます。

DSC09810.JPG

男の子の憧れの車といえば”フェラーリ””ランボルギーニ”そして”アストン・マーティン”では無いでしょうか?また、映画好きな方からすればアストンは特別な一台だと思います。弊社メンバーはそんな男の子たちの集まりからなる会社ですからそのお眼鏡に叶った一台となります。60年代後半に販売され今では雲の上の車となってしまった『DB6』から23年。1994年に不遇の時代を過ごしていたアストンが復活に向けて開発した一台が『DB7』でした。フォード傘下になり廉価でかつ電装系や駆動系を近代化させた新モデルを開発するプロジェクト「NPXプロジェクト」で誕生した『DB7』は開発費を制限された事もあり、多くの部分をジャガーXJ-Sやサルーン系と共用する事で結果的に工作精度や品質が向上し壊れないアストンマーティンとなりました。本来『ジャガーXK』として販売される予定だったTWRでデザインされたボディをこの『DB7』のボディとしています。そして、『DB9』はそのデザインのアイデンティティを受け継いでいるモダンな一台となっています。この成功により出来た資金で新規フレームや駆動系などを開発しており『V12 バンキッシュ』までに見られたジャガーと多くのパーツを共用する事は殆ど無くなりました。新生アストン・マーティンとして華々しくデビューした『DB9』はそう言った意味でも記念碑的一台と思います。
今回入庫した『DB9』は新車時からの履歴のしっかりとした一台で取説や記録簿など全て揃った一台です。
整備記録は多数残っていますので、​これはご購入に際しかなりの安心材料になるかと思います。
ボディの艶や映り込み、ヘッドライトのクリア感など申し分ない状態です。内装も年式を考えれば綺麗な状態を保っていると思います。ブルーレザーインテリアにウッド組み合わせは大変珍しくオシャレな内装に仕上がっています。

Maintenance record

​整備記録

DSC09870.JPG

Aston martin

DB9 Volante

​車両本体価格(消費税込)

SOLD