AMG

C63

史上最強のCクラス

​車両本体価格(消費税込)

¥1,980,000

2007年に登場した3代目となる204型Cクラス。デビュー当時からV型8気筒ユニットを積むことが噂されており、満を持して登場した”C63AMG”。精悍な面持ちのアバンギャルドをベースにしながらもデザインを変更し約100mm長い全長と新開発したフロントアクスルを持ち、フロントのトレッドが+35mm拡幅されている。それに伴い、フェンダーもワイド化が図られており、あの迫力ある面持ちに拍車をかけている。さらにリアのトレッドも+12mmの拡大されており、キャンバーを増すことでコーナリングパフォーマンスを高めている。
さらに、ロック・トゥ・ロックで2.5回転ほどに速められた速度感応式のAMGステアリングシステムはコラム系の強化と相まってダイレクトなステアフィールを実現、よりAMGとしての妖艶な雰囲気を強めています。そして、向上したパワーに合わせてブレーキもフロント:360mm+6ピストン、リア:330mm+4ピストンのベンチレーテッドディスクに強化されています。肝心のエンジンは、すでに多くのAMGモデルが搭載している大排気量/高回転をコンセプトとするM156E63。ビッグボア/ショートストロークのこの6.2L V8は搭載車によって微妙に出力を変えて来るのが常で、C63に関しては457ps、600Nmというスペックが与えられています。パワーウエイトレシオは3.78kg/psとM3をも上回り、M3の振り回すのに丁度よいパワー感に対し、Cクラスに対しオーバースペックのハイパワーとそれを受け止めるチューニングされたシャシーと足回りは高い次元でマッチしており一段高いドライビングを可能にします。

​車両の状態や現車確認のご予約等お気軽にお問い合わせください。

近しいモデルや希望オプション搭載モデルのバックオーダーも受け付けております。

​SPEC

ヤナセ正規ディーラー車
右ハンドル
156型V型8気筒DOHC6.3Lエンジン
最大出力:457PS/600N·m
乗車定員:5人
ボディタイプ : 4ドアセダン
変速機:7速AT
駆動方式:FR
全長標準仕様:4,726mm
全幅:1,795mm
全高標準仕様:1,439mm
ホイールベース:2,765mm
車両重量:1,800kg
走行距離:107,000Km
次回車検 : 令和4年12月

​OPTION

●オブディシアン・ブラック
●ヤナセ正規ディーラー車
●サンルーフ
●ブラックレザーシート
●チタニウムグレーペイントAMG5スポークアルミホイール
●シートヒーター
●パドルシフト
●ウッドシフトノブ
​●オートライト
●キーレスゴー

IMPRESSION

​インプレッション

320km/hスケールのスピードメーターと7200rpmからレッドゾーンとされるタコメーター。ダウンサイジングエンジンが主流となっている令和の時代において最後のハイパワーセダンとも呼べる”C63AMG”。
低回転から湧き上がるトルクと踏み込んだ時のシートへ押し付けられる加速G。オーバースペックとも言えるパワーを持ちながらも高速レーンチェンジやハイスピードコーナーでは自分の運転技術が上達したかの様に思い描いたコースを容易くトレースして行きます。野太いエキゾーストノートとバケット形状のドライバーズシートが更に雰囲気を盛り上げます。

DSC09791.JPG

定番のAT”7Gトロニック”にはAMGスピードシフトが備わっており、C/S/Mの順でシフトモードの切り替えが可能。Cに対してSモードでは、パドルシフトの反応が30%、Mでは50%シャープになるというロジックが組み込まれ更に、シフトダウン時に空吹かしをして回転を合わせるエンジンのブリッピング機能が搭載されています。さらに、3ステージESPは、センターコンソールのESPスイッチでモードを切り替えることでESPの介入を切り替える事が可能なシステムで、キーとなるのはESPスポーツモードで、アンダー/オーバーのブレーキ介入制御を遅らせ、エンジントルクを絞り通常状態より穏やかなセッティングとなります。そしてオフモードでは一連の制御が行われなり、さながらレースカーの様な走行が可能となっています。

DSC09810.JPG

創立者であるハンス・ヴェルナー・アウフレヒト(Hans Werner Aufrecht)とエンジニアのエアハルト・メルヒャー(Erhard Melcher)、そしてアウフレヒトの故郷であるグロース・アスパッハ(Großaspach) の頭文字を取って名付けられた”AMG”は1967年、レース用自動車エンジンの設計会社としてスタートします。極めて強力なエンジンと強化された車体、サスペンションを持ち合わせサーキットなどスポーツ走行にも適応する通常モデルよりも強固でハードな乗り味の車に仕立てられていることがAMGモデルの特徴です。そんなAMGがV型8気筒6,208ccのM156ユニットを搭載して作り上げた”Cクラス”最強のC63AMG。
SDGSが叫ばれ、ダウンサイジングユニットが主流となっている中、シリーズで唯一6.3Lユニットを搭載した最初で最後の一台です。
車好きとしては一度は乗っておきたい一台であり、オススメする一台です。

Maintenance record

​整備記録

DSC09870.JPG

AMG

C63

​車両本体価格(消費税込)

¥1,980,000